コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

枝野氏 首相補佐官に…行政刷新担当 「反小沢」代表格(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は7日、民主党の枝野幸男元政調会長(45)を首相補佐官に起用する方向で調整に入った。行政刷新担当の補佐官とし、藤井裕久財務相の辞任に伴って国家戦略担当相を兼務することになった仙谷由人行政刷新担当相の業務を補佐させる意向だ。近く閣議決定する。枝野氏は小沢一郎幹事長と距離を置く民主党議員の急先鋒(せんぽう)でこれまで無役だったが、政府の要職に就くことになった。

 枝野氏は昨年11月に事業仕分けの統括役として各省との折衝の先頭に立った。12月には民主党から戦略室と刷新会議の業務の応援にあたる国会議員12人の中に入った。

 ただ、国会法などの規定で政府入りできる議員は首相と閣僚17人、副大臣22人、政務官26人、首相補佐官5人、官房副長官3人の最大74人で、法的な位置付けを持って政府に参加できない立場だった。補佐官への起用で、政府の会議などに出席できるようになる。今後、独立行政法人や公益法人改革を担当するとみられる。

 枝野氏は小沢氏と距離を置く議員の代表格で、08年9月の党代表選では小沢氏に対抗して出馬する姿勢を一時見せた。枝野氏の起用は同じく小沢氏と距離がある仙谷氏が求めたとみられ、小沢氏側が神経をとがらす可能性がある。

 鳩山内閣の補佐官は昨年9月の政権発足時に首相側近の中山義活、小川勝也両氏が起用され、10月に任命された荒井聡補佐官は菅直人副総理の側近で国家戦略を担当している。12月に就任した逢坂誠二補佐官は地方分権担当として原口一博総務相を補佐している。

 枝野氏は93年に日本新党から初当選し、衆院当選6回。菅直人代表時代に党政調会長を務めた。【田中成之、影山哲也】

【関連ニュース】
<衆院選の結果と人物像>埼玉5区 枝野 幸男氏
民主党:12人の権限なき議員たち 「政府応援チーム」に枝野氏ら
ドキュメント・政権交代:枝野氏「代行はすごいと思う」
普天間移設:長崎の自衛隊施設提示 首相勉強会
藤井財務相辞任:後任は菅副総理 仙谷氏が国家戦略相兼務

恋するセレブ
お弁当の知恵
こんなニュース信じますか?
taskマニア
タクシー運転手のお仕事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。