コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<ニュートリノ>295キロ離れた所で検出に成功(毎日新聞)

 高エネルギー加速器研究機構(KEK)や東京大宇宙線研究所など国内外の研究者で組織する「T2K実験グループ」は25日、茨城県東海村で人工的に作られた素粒子「ニュートリノ」を約295キロ離れた岐阜県飛騨市で検出することに初めて成功したと発表した。

 ニュートリノは物質を構成する最小単位、素粒子の一種。詳しい性質が未解明で、人工的にニュートリノを発生させ、遠くに飛ばしてその振る舞いを検出する実験が各国で行われている。

 今回は、昨年4月にニュートリノ発生に成功した東海村の大強度陽子加速器施設「J-PARC」から、飛騨市の検出器「スーパーカミオカンデ」に向けてニュートリノを発射。24日午前6時、スーパーカミオカンデ側で検出が確認された。今後、発射を増やし、研究を進展させる。【奥野敦史】

【関連ニュース】
LHC:実験の講演会を開催--11日・東大で

<自民党>中川秀直元幹事長が勉強会 郵政改革法案阻止で(毎日新聞)
「医療広告ガイドライン」Q&Aに事例追加(医療介護CBニュース)
<無理心中?>妻を殺害後自殺か 80代夫婦死亡 新潟(毎日新聞)
<着服容疑>岡崎信金の元支店次長を詐欺容疑で逮捕(毎日新聞)
刺身パックに針混入=75歳男を現行犯逮捕-三重県警(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<明治大>志願者数日本一に 早大のV12阻止(毎日新聞)

 大学入試で早稲田大が11年連続で守ってきた志願者数日本一の座を明治大に明け渡すことがほぼ確実となり、受験業界など関係者の話題を集めている。明大がトップに立てば初めて。背景には不況の影響もあるという。

 早大の一般入試の志願者数は09年度比5651人減の11万5515人で確定している。一方、明大の志願者数は18日現在、同8922人増の11万5158人。今のところ早大が1位、明大が357人差の2位だが、明大は3月5日締め切りのセンター試験利用入試(後期日程)が残っている。明大によると、例年この試験には600~700人の出願があり、最終的に早大を抜くのがほぼ確実の情勢だ。

 教育情報通信社、大学通信(東京都千代田区)の安田賢治ゼネラルマネジャーは「不況で受験生が無理をしなくなっているのが最近の特徴」と言う。従来ならば浪人覚悟で私大最難関と言われる早大や慶応大を目指した層の受験生が、明大などに流れているという分析だ。実際、慶大も10年度は1629人減少。一方、明大と偏差値帯が同じ法政大が7376人増の3位に位置している。

 私大一般入試の受験料は3万5000円が相場。教育出版社の旺文社(新宿区)によると、1人当たりの受験数は09年度入試で5・42校・学部。同社教育情報センターは10年度について「受験コスト削減のため、いわゆる『記念受験』をやめるなどして併願数が減る」とみている。

 「コスト削減」の一環として、一般入試の半額程度で受けられるセンター試験利用入試に人気が集中したのも10年度の特徴で、大学通信のまとめでは主要49大学でセンター試験利用の志願者が7.8%増えた。また、受験料を引き下げたり、複数の学部を受ければ割り引くなどした私大も志願者を増やした。

 明大広報課は早大などから受験生が流れているという分析を認めた上で、07年度に導入した地方受験などの入試改革の成果を強調。「総合的に受験生に評価された結果だと思っている。日本一になれば素直にうれしい」と話す。一方、99年度に日本大を抜いて以来のトップの座から降りることになる早大は「コメントのしようがない」(広報課)としている。【井上俊樹】

 ■10年度入試の志願者数■

(1)早稲田※11万5515人

(2)明 治 11万5158人

(3)法 政  9万3062人

(4)日 本  8万8956人

(5)中 央  8万1198人

(6)関 西  7万8166人

(7)立 教 ※7万2966人

(8)立命館  6万9561人

(9)東 洋  6万3289人

(10)近 畿 6万2816人

18日現在。大学通信まとめ。推薦やAO入試は除く。※は志願者数が確定

【関連ニュース】
<特集>受験・入試
<特集>著名人が語る受験対策 受験と私
<明治大の話題>東京国際マンガ図書館:明治大学が新設へ アニメやマンガ200万点
<明治大の話題>映画「ブラック会社に…」の佐藤監督が就職難の学生に喝 「定時帰宅は都市伝説」
<早稲田大の話題>書道ガールズ:早大現役合格のジュノンボーイ市川知宏

小沢環境相 温室効果ガス削減の行程表に「エネルギー基本計画」を反映 (産経新聞)
APECジュニア会議が開幕=世界平和や環境・貧困を議論-広島(時事通信)
参院京都で2人目擁立=民主府連(時事通信)
<亀井金融・郵政相>郵政関連企業への天下り見直す(毎日新聞)
インフル患者、3週連続減=全都道府県で10下回る-感染研(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報酬詐取容疑で弁護士逮捕=国選受任、接見回数水増し-岡山県警(時事通信)

 容疑者国選弁護制度をめぐり、接見回数を水増しして弁護報酬を過大に受け取ったとして、岡山県警捜査2課は25日、詐欺容疑で弁護士の黒瀬文平容疑者(68)を逮捕した。 

検疫などインフル対策を検証へ=政府本部、厚労省(時事通信)
<自民党>中川秀直元幹事長が勉強会 郵政改革法案阻止で(毎日新聞)
東アジアの文化交流推進=鳩山首相(時事通信)
【Web】ネット署名 社会に届け(産経新聞)
橋下知事「パーフェクトな予算」 自画自賛の会見2時間半 (産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

東京入管元職員、収賄認める=在留手続き汚職-東京地裁(時事通信)

 フィリピン人女性らの在留資格認定手続きで便宜を図った見返りにわいろを受け取ったとして、収賄罪に問われた元東京入国管理局成田空港支局の統括審査官小倉征史被告(54)は23日、東京地裁(菱田泰信裁判官)の初公判で、「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述で、小倉被告が外国人招聘(しょうへい)会社社長伊東信悟被告(46)=贈賄罪で起訴=の求めに応じて在留資格の早期交付を実現させたことから、その後も有利な取り計らいを期待した伊東被告が飲食やゴルフの接待を繰り返し、月20万円の供与も決めたと指摘した。
 伊東被告は22日の公判で起訴内容を認め、検察側は懲役1年6月を求刑している。 

【関連ニュース】
町村会視察「記録ない」=前福岡県副知事の北海道旅行
有識者会議委員免職も検討=全国町村会長逮捕で
前町村会事務局長も逮捕=贈賄容疑、否認
町村会会長逮捕は遺憾=平野官房長官
前福岡県副知事、収賄容疑で逮捕=町村会会長から百万円

自民公認元セクシー女優、今週末街頭デビュー(スポーツ報知)
<雑記帳>江戸時代のオランダ料理再現 岩手・一関(毎日新聞)
減収深刻な大阪府予算、“橋下流”改革も限界に(産経新聞)
オウム新実被告の死刑確定(産経新聞)
未承認バイアグラを広告に、「快適生活」幹部逮捕(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

税制改革案も参院選公約に 自民・石破氏が表明(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は17日午前の記者会見で、将来の消費税率引き上げを含む税制の抜本改革案と経済成長戦略案などを取り入れた経済政策を、夏の参院選に向けた党の政権公約(マニフェスト)に書き込む方針を明らかにした。党経済政策調査会(与謝野馨会長)などで議論し、5月の大型連休明けにも発表する。

 税制改正について石破氏は「単に消費税を上げる上げないに議論を特化すべきでない」と指摘し、所得税や法人税、金融政策など、税制の全体像を示す必要性を強調。「自民党は消費税を上げる政党とレッテルを貼られないために、政策を提示し、財政の健全化に道を開きたい」と述べた。

 また成長戦略に関する新たな特命委員会(塩崎恭久座長)を新設し、4月中に結論を得る方針も示した。

【関連記事】
税制改革議論の3月開始には慎重 官房長官「タイミングは微妙」
郵政改革素案 巨大公社化は許されない
藤井氏の辞任契機に脱・財務省? 予算審議でも後ろ盾失う
菅vs竹中“天敵”が火花 「需要か供給か」で論戦
たばこ1箱600円!? 厚労省Vs財務省の攻防も

クロージング選出は「光栄」=「おとうと」の山田監督-ベルリン映画祭(時事通信)
一般サイト拡大、出会い系減少=児童の犯罪被害-警察庁(時事通信)
雑記帳 盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)
<沖縄振興策>民間有識者を中心にした会議設置へ 政府(毎日新聞)
<元議員秘書詐欺>神容疑者、経歴も詐称(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

協議概要、国会に報告義務=「国・地方」法案の全容判明(時事通信)

 政府が今国会に提出する「国と地方の協議の場に関する法案」の全容が19日に明らかとなった。議長と議長代行は首相が関係閣僚から指定。議長に対し、協議終了後は概要をまとめた報告書をつくって国会に提出する義務を、会議メンバーに対しては調った協議結果を尊重する義務を課した。成立後に法定協議がすぐ開けるよう、法の施行は「公布の日」と規定。3月5日の閣議決定を目指す。
 法案は全10条構成で、18日の実務検討グループで決まった骨子を踏襲。法の目的は「地方自治に影響を及ぼす国の政策の企画、立案、実施について国と地方の代表者が協議し、地域主権改革の推進を図る」などとした。 

「検証し、今後に生かす」=石巻3人殺傷で警察庁長官(時事通信)
東急電鉄運転士を逮捕=強制わいせつ容疑で警視庁(時事通信)
元Jリーガー、強盗と強制わいせつの疑いで逮捕 容疑否認 警視庁 (産経新聞)
大阪・梅田で停電、エレベーターの客ら一時閉じこめ(読売新聞)
<郵便不正事件>石井議員との「面会記憶ない」と元記者証言(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

安防懇が初会合 どこまで踏み込めるか 課題は山積(産経新聞)

 防衛力整備の基本方針となる新たな「防衛計画の大綱」策定に向けて、有識者による「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・佐藤茂雄(しげたか)京阪電鉄最高経営責任者)の初会合が18日開かれた。鳩山由紀夫首相は「タブーのない議論を行ってほしい」とあいさつしたが、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で迷走している鳩山内閣だけに、懇談会が集団的自衛権の憲法解釈や武器輸出三原則見直しなどで、どこまで踏み込んだ提言を出せるか疑問視する向きも強い。

 懇談会は月2回程度の会合を重ね、今夏をめどに報告書をまとめる方針だ。政府も年末に策定する新大綱に報告書の内容を反映させる考えだ。

 鳩山内閣は「政権交代に伴い、防衛政策のあり方を全面的に見直す」として、自公政権が昨年末に予定していた新防衛大綱の策定を今年末まで1年間先送りした。それだけに、鳩山首相は首相官邸で開かれた初会合の冒頭、「日本の安全保障政策に新風を吹き込んでほしい。防衛体制の見直しには継続と変化が必要だと考えている」と述べ、提言に期待感を示した。

 ただ、懇談会は順調なスタートだったとは言い難い。政府関係者によると、座長の人選は難航した。何人かに断られたうえ、平野博文官房長官が提示した佐藤座長の人事が発表前に報道され、平野氏が15日夜、情報漏れを佐藤氏に釈明するため、「お忍び」で大阪入りする一幕もあった。

 懇談会では、(1)北朝鮮の核・ミサイル開発問題を含む周辺諸国の軍事力の近代化への対応(2)サイバーテロや宇宙利用などの新しい分野への対応(3)日米同盟の深化(4)国際社会の平和のための取り組みーが主要議題になる。次回は近隣諸国の軍事情勢を意見交換する。

 過去の懇談会は、時の内閣の意向を報告書に反映させていた。麻生前内閣時代の懇談会は、北朝鮮の弾道ミサイル迎撃にあたる米艦船を自衛隊が防護可能にするため、集団的自衛権行使を禁じてきた憲法解釈を見直すよう勧告した。

 しかし、鳩山内閣の安保政策は明確とはいえない。しかも民主、社民、国民新の3党連立政権下で、仮に懇談会が、集団的自衛権解釈や武器輸出三原則見直しに踏み込んだ場合、与党内から反対論が出て報告書自体が空洞化しかねない可能性もある。

【関連記事】
「防衛懇」座長に佐藤京阪電鉄CEO
新防衛大綱を夏ごろまでに策定 武器輸出三原則見直しも検討 防衛相
【軍事情勢】「他国の脅威になる」努力
防衛相補佐官に西元・元統幕議長
同盟強化目指す 防衛相、普天間は沖縄と米の理解を

強い用心棒? 前田氏が小沢氏と面会(産経新聞)
なにわで「在阪華僑春節祭」 (産経新聞)
「国・地方協議」、首相に招集権=骨子案まとまる(時事通信)
次官→局長は「減給」、国家戦略相が強調(読売新聞)
東京23区でも積雪か=気象庁(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁(産経新聞)

 阪神タイガースを昨年12月に引退した赤星憲広元選手が理事長を務める少年野球チーム「レッドスターベースボールクラブ」の選手だった少年が、「総監督から暴行を受けた上、強豪高校の入学内定を勝手に辞退され、チームから不当に除名された」として、赤星元選手らに約320万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。浅井隆彦裁判官は「除名処分は違法だが、原告の主張する損害と除名とは因果関係がない」として請求を棄却した。

 暴行について、浅井裁判官は、総監督が少年を1回殴ったと認めたものの、「総監督が謝罪に訪れた際、少年は父親に『水に流せ』と言われて異を唱えず、許した」として賠償責任はないと判断。また、高校の内定取り消しについては「成績が重要な要素で、総監督が自発的に辞退を申し出た証拠はない」と指摘した。

【関連記事】
阪神・藤川俊、自慢の足で猛アピール!
阪神・藤川俊、2盗塁!ポスト赤星アピール
前阪神・赤星氏が燕C訪問、盗塁のコツ伝授
赤星氏の引退試合なし
ポスト赤星狙う韋駄天 阪神・藤川俊介外野手

参院選での定数是正は断念(産経新聞)
首里城花まつり 9万鉢の“春”に包まれ 那覇(毎日新聞)
<足利事件>謝罪論告わずか1分 菅家さん表情硬く(毎日新聞)
<五輪スノーボード>国母も決勝へ 男子ハーフパイプ(毎日新聞)
<国母和宏選手>服装問題で「極めて遺憾」文科相(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

石川議員の離党を了承=民主、処分せず(時事通信)

 民主党は15日午後の常任幹事会で、小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で起訴された石川知裕衆院議員の離党を正式に了承した。党としての処分は見送った。石川議員は無所属で活動する。11日に代理人を通じて小沢氏に離党届を提出していた。
 常任幹事会では、欠席した小沢氏に代わり、輿石東参院議員会長が石川議員から離党届が提出されたことを報告。本人の意向を尊重するよう求める小沢氏の伝言が紹介され、異論は出なかった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<鳩山首相>夫婦別姓制度「基本的には賛成」(毎日新聞)
国の借金、最大の871兆円=国民1人当たり684万円-09年末(時事通信)
<紀子さま>結核予防講習会開講式に出席(毎日新聞)
大阪府予算が過去最大に 一般会計3兆9200億円(産経新聞)
<入札妨害>神栖市部長ら4容疑者を逮捕…茨城県警(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「税金を有効に」 武幸四郎騎手らが確定申告(産経新聞)

 平成21年分の所得税の確定申告受け付けが16日、全国の税務署などで一斉に始まり、京都競馬場(京都市伏見区)では、競馬ファンに人気の高い四位洋文騎手(37)と武幸四郎騎手(31)が電子申告・納税システム(e-Tax)を利用した確定申告をPRした。

 受け付けは3月15日まで。

 2人は芝のコースが一望できる観覧席で、税理士のアドバイスを受けながらパソコンを操作。四位騎手は「税務署に行かず簡単にできて便利」と強調し、武騎手は「税金は毎年しっかり納めるので有効に使ってほしい」と話していた。

 e-Taxは、国税庁のホームページから申告できるシステムで、自宅や職場のパソコンからでも可能。大阪国税局管内の近畿2府4県では、20年分の全確定申告数は約379万件だったが、うちe-Taxの利用は約119万件だった。

小沢氏、一転して強気に 「これ以上の説明はない」(産経新聞)
宇都宮線が全線運転見合わせ 車両トラブルで(産経新聞)
<衆院予算委>「秘書兼職やめては」 経産相「考えさせて」(毎日新聞)
高木美帆選手 姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)
【Web】SNSユーザー狙うスパムメール急増(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

千葉大生殺害事件、強殺・放火容疑で逮捕へ(読売新聞)

 千葉県松戸市の千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され放火された事件で、松戸署捜査本部が住所不定、無職竪山(たてやま)辰美被告(48)(別の強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴)を荻野さんに対する強盗殺人と現住建造物等放火の疑いで17日にも再逮捕する方針を固めたことが9日、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、竪山被告は昨年10月21日、荻野さんの胸を包丁で刺して殺害した上、キャッシュカードなどを奪い、翌22日夜、荻野さん宅を放火した疑いが持たれている。

 捜査本部は、竪山被告の供述に基づき、現場付近で包丁や荻野さんのTシャツを発見。Tシャツに付いた血から、荻野さんのDNA型が検出されたという。竪山被告は1月、荻野さんのカードで現金自動預け払い機(ATM)から2万円を引き出すなどした疑いで再逮捕された。

「おれおれ」被害、直接受領が半数=振り込め対策で緊急会議-警視庁(時事通信)
<東名高速>トラック3台が事故…1人重体 静岡(毎日新聞)
150億円?ローソン子会社専務ら不正流用(読売新聞)
<日韓併合>「民族の誇りに傷」岡田外相、韓国側に見解(毎日新聞)
寸借詐欺480回?兵庫県臨時職員を逮捕(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

当時の上司、検察調書の内容否定…村木元局長公判(読売新聞)

 郵便不正事件に絡み、偽の障害者団体証明書を発行したとして虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の公判が8日、大阪地裁であり、村木被告の当時の上司だった塩田幸雄・元障害保健福祉部長(58)(退職)が証人として出廷した。

 塩田元部長は、民主党の石井一・参院議員(75)(当時衆院議員)から要請を受け、村木被告に証明書発行を指示したとされるが、「石井議員から電話があった記憶や村木被告に指示した記憶はなく、供述調書の内容は事実ではない。作られた記憶だ」と述べ、検察側の主張を全面的に否定した。

 事件を巡っては、捜査段階で村木被告からの指示を認めていた厚労省元係長・上村勉被告(40)も自らの公判前整理手続きで「村木被告の指示はなかった」と供述を覆しており、検察側は苦しい立場に立たされることになった。

 この日の公判で、塩田元部長は、石井議員からの電話や村木被告への指示について「(石井議員の)電話だったのか記憶はなかったが、電話を受けたのならば、村木被告にも指示しているだろうと思い込んだ」「村木被告への指示も今となっては、幻想ではなかったかと思っている」などと証言。

 検察側主張では、塩田元部長は2004年2月、自称障害者団体「凛(りん)の会」元会長・倉沢邦夫被告(74)(公判中)から口添えを依頼された石井議員に協力を要請され、企画課長だった村木被告に「先生のご機嫌を損なわないよう発行する方向で対応してくれ」などと指示した、とされる。

男性被告が首つり自殺=山口刑務所(時事通信)
<産地偽装>青森産豚肉と偽り納入の疑い 八戸の業者逮捕(毎日新聞)
【十字路】テッポウウオ、ハートの標的を狙い撃ち(産経新聞)
薬害再発防止へ第三者機関の枠組みまとまる 行政機関への調査権限(産経新聞)
<児童ポルノ>DVD複製・販売 6容疑者逮捕(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ANA副操縦士“免許証”置き忘れ、3便に遅れ(読売新聞)

 12日午前8時20分に羽田空港を出発した韓国・金浦(キムポ)行き全日空1291便(ボーイング777―200型機、乗員乗客254人)で、副操縦士(40)が携帯を義務付けられている「航空従事者技能証明書」やパスポートなどの証明書類を持たないまま乗務していたことがわかった。

 不携帯の発覚後、折り返し便の交代乗員の手配などに手間取り、同日の羽田―金浦便は計3便で最大約4時間30分遅れ、計約910人に影響した。航空従事者技能証明書は自動車の運転免許証にあたる。

 全日空の発表によると、副操縦士はこの日、出発前に羽田空港の乗員室のカウンターに証明書類を並べた後、置き忘れて出発した。社員が気付いて連絡した際には、1291便はすでに金浦に到着していたという。

<訃報>滝井禧夫さん74歳=元北海道テレビ社長、同相談役(毎日新聞)
石川議員「起訴の事実重い」=首相(時事通信)
【Web】ポスペがツイッターに対応 「PostPetNow」(産経新聞)
立春 各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度(毎日新聞)
グアム移設に全力=社民・福島氏(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

枝野氏を行政刷新相に起用(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は9日、民主党の枝野幸男元政調会長を行政刷新担当相に起用する意向を固めた。政府関係者によると、10日に認証式を行う予定。 

【関連ニュース】
「事務次官」存続に総務相が異論=公務員改革法案
民主、石川議員擁護で正面突破へ=一部に離党論、距離置く鳩山首相
基地周辺整備費、使途を拡大=政府
石川議員に離党求める=仙谷担当相
独法の仕分け、対象選定に着手=仙谷担当相

<ジョン・レノン>ミュージアム閉館へ 契約満了 さいたま(毎日新聞)
石川議員の対応「倫理観ゼロ」と大島幹事長(読売新聞)
日航機 羽田空港へ引き返し 「左エンジン不調」(毎日新聞)
<公務員法改正案>首相要求で幹部異動 次官降格も容易に(毎日新聞)
木嶋被告が運転、大出さん昏睡まで時間稼ぎか(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

石川氏処遇、党で判断も=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は9日午後の衆院予算委員会で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で起訴された石川知裕同党衆院議員について、「幹事長と石川議員の間で早く結論を出すべきだ。本人の身の処し方が十分でない、あるいは必ずしも国民の思いとは違うということになるときに、党としての判断も当然出てくる」と述べ、党が処遇を判断することもあり得るとの考えを示した。自民党の平将明氏への答弁。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
〔図解〕陸山会の土地購入をめぐる資金の流れ(2010年1月23日)
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<児童ポルノ>ワーキングチーム初会合(毎日新聞)
挑戦者・張三冠が3連勝…棋聖戦あと1勝(読売新聞)
<人事>最高裁(5日)(毎日新聞)
<奈良診療報酬詐欺>山本被告と医師逮捕、患者出血死の疑い(毎日新聞)
呼吸器チューブ外れ、入院の70代女性死亡(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

タミフルの輸入代行 薬価の3~5倍 「個人」規制なく野放し(産経新聞)

 タミフルのネット広告をめぐり、個人輸入代行業者が4日、一斉に逮捕された。業者側はこれまでの任意聴取に「個人の依頼を受けて輸入代行していただけ」と主張していたが、実際には大量のタミフルを扱い、薬価の3~5倍で売りさばく“タミフル特需”を当て込んだ販売目的だった疑いが強まった。

 逮捕された個人輸入代行業者のうち「TEN」社長、榎園誠容疑者(49)はこの日午前9時20分ごろ、事務所と自宅がある大阪市中央区十二軒町のマンションから捜査員に伴われて姿を現した。パーカのフードを目深にかぶり、顔を隠したまま捜査車両に乗り込んだ。

 厚生労働省によると、医薬品を営業目的で輸入する場合には厚生労働大臣の許可がないと未承認薬とみなされ、販売や広告が禁止されるが、難病に苦しむ患者などが未承認の薬を試したいなどの理由で個人で輸入したり、輸入代行を頼むのは規制されていない。

 このため、インターネットを利用した医薬品の個人輸入代行業が近年急増。大半が小規模の業者で、「実際の代行業務はブローカーに任せているケースもある。偽薬が届くトラブルなども多く、事実上野放しになっている」(捜査関係者)という。

 今回逮捕された5業者のうち2業者は、昨年11月に薬事法違反容疑で府警から家宅捜索を受けた後、ホームページ自体を閉鎖していた。しかし、残りの3業者はタミフルの取り扱いを取りやめただけで、業務自体は継続。取扱商品の中には、バイアグラや、乱用すると覚醒(かくせい)剤に似た症状が出る向精神薬などもあった。

【関連記事】
タミフル輸入代行業者逮捕へ 大阪府警、薬事法違反容疑で
新型インフル恐くない!? 点滴の治療薬が登場
第一三共、初の純国産インフル治療薬を承認申請
自己判断で2割がタミフル服用中止 500人調査結果
塩野義、新インフルエンザ薬の承認取得

神奈川県教委、不起立教員の氏名収集を継続(産経新聞)
毎日新聞社長らを書類送付=元秘書官めぐる名誉棄損-警視庁(時事通信)
馬淵氏はどんな悪いことをしたのか(産経新聞)
被害者は市内の男性=別の場所で刺されたか-福島(時事通信)
高齢ドライバーの9割以上「自分の運転大丈夫」(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<野口聡一さん>鬼は外?…宇宙ステーションで「豆まき」(毎日新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)から、節分の「豆まき」の映像が届いた。豆の代わりに、色とりどりのチョコレートを使用。無重力のISSで「鬼は外!」の声とともに、チョコが舞った。

 野口さんが休養日に撮影、1日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が報道陣に公開した。JAXAのロゴ入り升を手にした野口さんは「今年も福が来るといいですね」と呼びかけ、愛嬌(あいきょう)たっぷりに鬼のお面をかぶってチョコをまいた。映像はISSでの実験や生活の様子をまとめたもの。JAXAホームページで1日から順次公開され、「豆まき」は3日に公開される。【奥野敦史】

【関連ニュース】
野口宇宙飛行士:北海道の子供たちと交信 質問に答える
鳩山首相:野口宇宙飛行士と交信“宇宙人”として質問連発
雑記帳:宇宙から「おめでとうございます」 野口さん
野口宇宙飛行士:家族に笑顔で「メリークリスマス!」
野口宇宙飛行士:サンタに扮してISS入り…長期滞在開始

<荒瀬ダム>12年度から撤去工事 熊本・蒲島知事正式表明(毎日新聞)
22年度予算案審議入り、4日に先送り 自民が「個所付け内示」に反発(産経新聞)
<自民>参院選の公認候補2人を発表(毎日新聞)
小沢氏不起訴、地検の葛藤 「十二分の証拠」が壁 政治家のうそは鮮明に(産経新聞)
副知事室で現金手渡し=県庁など捜索-町村会汚職・福岡県警(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

不安解消ならず=具体策乏しく、逆効果の声も-トヨタ社長会見(時事通信)

 トヨタ自動車の一連の品質問題発覚後、初めて公の場に姿を現した豊田章男社長は5日の記者会見で「お客様第一で取り組む」と強調した。しかし、直面しているハイブリッド車「プリウス」のブレーキ問題への対応策や、リコール(回収・無償修理)などが相次ぐ原因について明確な回答はなかった。顧客の不安解消という狙いをどの程度達成できたかは疑問が残る。
 豊田社長は、今回の事態に関し「危機的状況」との認識を示した。その上で「多くの方に車の魅力を伝えていくべきわれわれが、逆に多くの方にご心配をお掛けすることになり残念でならない」と述べた。
 ただ、プリウスに関しては「できる限り早く対応するよう社内に指示している」と述べただけ。同席した佐々木真一副社長も「どのような処置をするのがベストなのかを精査しているところ。結論が出次第、お伝えしたい」と具体的な方策は示さなかった。
 トヨタの対応を注視する海外メディアの記者からは「もっと早く対応すべきだったのではないか」との質問も出たが、英語での回答を求められた豊田社長の回答は「ベストを尽くします」とちぐはぐ。明確なメッセージが海外に伝わったとは言えそうにない。
 会見で示された具体策は、社外の専門家から品質管理を評価してもらう仕組みの導入などに限られ、関係者の間では、会見は逆効果だったとの見方も出ていた。 

八ツ場ダム建設中止求め声明=千葉県弁護士会(時事通信)
<竜巻>発生か ビニールハウス30棟損壊 鹿児島(毎日新聞)
<現金拾得>またまた路上に大金、通行人187万円拾う 日立(毎日新聞)
滞納給食費天引き、10年度は見送り=子ども手当で―首相、厚労相が一致(時事通信)
拳銃強盗容疑、会社員2人逮捕=07年、現金190万円奪う-長崎(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

継続使用の可能性も=普天間問題で外相(時事通信)

 岡田克也外相は1日夕、日本記者クラブで会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「望ましくはないが、他に(候補地が)なければ普天間が今のままということはあり得る」と述べ、ほかに移設先が見つからず、普天間の継続使用の可能性があるとの認識を明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~ゼネコン側、妨害恐れ献金~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

フランス 本場もうなる「神の雫」 著名ソムリエ高い評価(毎日新聞)
「マネ辞任幕引き」「解雇で訴訟」 朝青龍事件乱れ飛ぶ怪情報(J-CASTニュース)
脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話-警視庁(時事通信)
<津市長選>現職の松田直久氏が再選(毎日新聞)
龍谷大で入試ミス 受験者全員正解に(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<窃盗>下着盗みました…被害者ブログにメール、発覚(毎日新聞)

 福岡県警柳川署は1日、柳川市の高校1年の女子生徒(16)の下着を盗んだとして、同市三橋町百町、会社員、藤丸裕一容疑者(32)を窃盗容疑で逮捕した。署によると、藤丸容疑者が下着を盗んだことを「告白」するメールを、女子高校生のブログに送信したことから発覚した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年10月1日からメールが送られてきた同12月19日の間に、女子高校生宅の庭先に干してあった下着2枚を盗んだとしている。

 署によると、藤丸容疑者は女子高校生のブログに「(下着の)セットありがとうございました」とメールを送信した。女子高校生は先輩と相談し、藤丸容疑者のメールアドレスに「本当ですか」などと返信。さらに「見かけたことがある」「サイズは○○でしょう」などと数回やりとりし、盗んだ下着の画像を送ってきたという。メールアドレスから藤丸容疑者の所在が分かった。

 署によると、女子高校生はブログで本名や写真を公開していた。藤丸容疑者がこの女子高校生を見かけていたため、ブログを知ってメールを送ったとみて、詳しい経緯などを調べている。【井上秀人】

【関連ニュース】
窃盗容疑:ペンギン盗んだ業者逮捕 動物園でバッグに
車上荒らし:巨人・加治前選手、ゴルフバッグなくなる
窃盗:高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖
万引き:千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い
窃盗:給与900万円盗まれる 名古屋の飲食店

<横浜事件>65年…「やっと答え」遺族ら万感 無罪判断(毎日新聞)
続投支持、参院選に全力を=小沢氏不起訴で閣僚が発言(時事通信)
土壁塗りに小学生挑戦 練馬区立池淵史跡公園(産経新聞)
通天閣 恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事(毎日新聞)
刑事責任なら辞任示唆=民主・小沢氏(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

強殺未遂容疑、男2人逮捕=消費者金融に押し入り発砲-三重県警(時事通信)

 三重県鈴鹿市で2008年12月、2人組が消費者金融に押し入り店長に発砲し重傷を負わせ、現金約300万円を奪った事件で、県警は1日、強盗殺人未遂容疑で、元暴力団組員白川優(63)=銃刀法違反事件で一審懲役7年、控訴中=、土木作業員竹田利彦(27)=詐欺罪で起訴=両容疑者を逮捕した。
 県警によると、白川容疑者は「全く知らない。竹田容疑者のことも知らない」と容疑を否認。竹田容疑者は「白川容疑者から『でかい仕事がある』と話を持ち掛けられた」と容疑を認めているという。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
〔写真特集〕多発する銃犯罪
ナイフで襲い10万円奪う=開店準備の男性軽傷
拳銃1丁と実弾97発所持=容疑で暴力団会長ら逮捕
バスで邦人男性射殺される=比

橋下知事、私立高の実質無料化制度拡大の意向(読売新聞)
<大阪パチンコ店放火>「絞首刑は残虐で違憲」弁護側主張へ(毎日新聞)
<協会けんぽ>10年度の保険料率大幅上昇、地域格差も拡大(毎日新聞)
【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(3)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
副知事室で現金手渡し=県庁など捜索-町村会汚職・福岡県警(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<秋葉原事件>目撃者が証言「戦場そのもの」 第2回公判(毎日新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の第2回公判が1日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれ、証人尋問が始まった。事件を目撃した男性が「現場は血の海で、戦場そのものだった」と語った。

 男性は当時、交差点を横断中で、すぐ後ろを加藤被告の運転するトラックが横切ったと説明。「ごう音で振り向いたら、前輪と後輪の間とフロントガラスの前に、はねられた人がいた」と語った。

 その後、加藤被告が目前に迫り「まばたき一つせず、ナイフを持った右手を自分の腹部めがけて突き出してきたと思ったら、すぐ右隣にいた人が刺された」と話した。現場では「あいつ危ない」「布はないか」などの悲鳴が飛び交い、事件後も様子を思い出して仕事中に取り乱し、通院もしたと述べた。

 証人尋問に先立ち、検察側は透明の箱に入れた凶器のダガーナイフを証拠として示した。「あなたが使った物に間違いないか」と問われた加藤被告は、小さな声で「はい」と返事した。【安高晋】

【関連ニュース】
秋葉原殺傷:東京地裁で初公判 冒頭陳述要旨
秋葉原殺傷:「事実明かし償う」加藤被告表情硬く
秋葉原無差別殺傷:責任能力が最大争点に 28日初公判
社説:秋葉原事件公判 「なぜ」の解明が必要だ
秋葉原殺傷:被告、殺傷認める 責任能力争う

首相、「公費」で参院選応援? 地方視察に批判の声(産経新聞)
平均時速50キロが限界? =人類が走る最高速度-足の接地時間が制約・米大学(時事通信)
容体急変患者からインスリン=故意に投与の可能性も-京大病院(時事通信)
<国家公務員法改正案>骨子まとまる 幹部人事を官邸で管理(毎日新聞)
<訃報>伊藤鄭爾さん88歳=元工学院大理事長(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<東海道新幹線>運転を再開…架線切断、一時ストップ(毎日新聞)

 29日午後1時50分ごろ、東海道新幹線の品川-小田原駅間で送電がストップし、上下線とも運転を見合わせていたが、同5時13分、運転を再開した。

 JR東海によると、横浜市神奈川区羽沢町で、架線が切れていた。

【関連ニュース】
新幹線:目の不自由な男性が転落し重傷 岐阜羽島駅ホーム
東海道新幹線:雪で147本が遅れ
帰省ラッシュ:上越、東海道新幹線にトラブル 運休や遅れ
ボンネット型車両:昭和の特急の顔、3月で姿消す
Uターンラッシュ:見送りの人々で混雑…JR名古屋駅

政治資金監査、新制度で“商機” 税理士ら殺到でも「リスク」は…(産経新聞)
【中医協】医療技術72件の新規保険適用を了承(医療介護CBニュース)
訃報 筒井寛秀さん88歳=東大寺長老(毎日新聞)
携帯充電器マルチで逮捕へ=虚偽説明で解約妨害-大阪府警(時事通信)
早期の計画段階でもアセス実施=環境影響評価法で改正案-環境省(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

民主、自民、公明3党、29日に首相の施政方針演説(産経新聞)

 民主、自民、公明の3党は27日、国対委員長会談などで、29日に衆参両院で鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府四演説を行うことを決めた。また、2月1日から3日間、四演説に対する衆参両院の各党代表質問▽4日に首相と全閣僚出席の参院決算委員会の総括質疑▽5、8、9日の3日間、衆院予算委員会で22年度予算の基本的質疑-を行うことで一致。2月中に鳩山政権発足後初めての首相と谷垣禎一自民党総裁による党首討論を開催し、衆院予算委の集中審議も2月中旬に開くことを決めた。

【関連記事】
あの対決姿勢は何だったの?小沢一転、異様な“低姿勢”
小沢ついに聴取 特捜“落とし”のポイントはコレだ!
「首相は宇宙人だから」菅氏“絶妙”フォローのウラ
激写! 議員が国会中にアノ女優と“密会”約束メール
特捜に仰天“隠し玉”!? 立件視野に白熱の直接対決へ

<市川海老蔵さん>小林麻央さんとの婚約を正式発表(毎日新聞)
新成人を子供扱い? 選挙啓発DVDがネットで話題に(産経新聞)
小沢氏の土地購入 首相、疑義示す/前原氏「政治資金での購入」を批判(産経新聞)
淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)
「日本語大賞」に小学生ら4作品=言葉の力再発見、第1回表彰式(時事通信)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。